studioflow からだの話ブログ

そのストレッチ・運動はあなたにとって本当に正しいことですか?

姿勢(矢状面)のはなし

今回は「姿勢のはなし」です。

姿勢の今回は横から(矢状面)からみたのお話です。

 

さて、この方の姿勢を例にとって説明します。

f:id:studioflow:20200704153519j:image

骨盤が身体の中心線よりも前方に移動しているため、脚が斜めになっているのはお気づきですか?

 

次に、この脚を真っ直ぐになるようイラストを回転移動してみます。

f:id:studioflow:20200704153725j:image

そうすると、姿勢が「反り返っている」ということがお判りになりますか?

 

次に、脚の位置はそのままで上半身を股関節の部分で真っ直ぐに載せてかぶせてみます。

f:id:studioflow:20200704153907j:image

きれいでしょう!

お尻も上がって、ウエストも細くみえるし。

若々しいですよね。

 

骨盤が前方に移動して「反り返った姿勢」の方は、かなり多く見受けられます。

ご自身でも写真をセルフィーしてみて確認してみてください。

 

なお、骨盤が正中線よりも前方に移動していると、バランスを取るために肩は後方に移動します。

 

もしかして…猫背にならないように肩を後ろに引いていませんか?

 

こういう姿勢からくる症状としては

・ストレートネックになっている

・肩が凝る

・腰が張る

・太ももの前側が太く硬くなる

・正座がツライ

・お尻がダルダル(お尻が下がってる)

・太ももの裏側(ハムストリングス)がダルダル

などなど…

 

骨盤の前方移動(骨盤後傾)は得することは何もないです。

脊柱管狭窄症の予備軍ともなるし…

今、現在のご自身の姿勢がどうなっているのか。

確認してみてくださいね。

この姿勢の直し方はいろいろあります!

 

足首は回しても良い?

運動前のストレッチの一つとして、良くやる「足首回し」についてのお話から。

 

先日、ベーシッククラスに体験で参加された方が、レッスンが始まる前にマットに座られて、片方の足にもう片方の足首をかけて、手で持ってグルグル回しを始められた。

 

この動作、スポーツクラブのレッスン待ち時間に「あるある」…なんですよね。

 

現に、インストラクターが「足首を回しましょう!」って、教えているし…

 

関節の種類から確認する

人の身体のなかには球関節といわれる「まあるい」関節が二つあります。

 

球関節「肩関節」

f:id:studioflow:20200521224926j:image

臼関節「股関節」

f:id:studioflow:20200521224955j:image

股関節を「臼」と書くのは、ソケットが深いから。

「臼」と書いて「キュウ」と読みます。

 

では、足首の関節はどうかというと。

蝶番関節「足首…足関節」

f:id:studioflow:20200521225010j:image

蝶番とは?

蝶番とは、開き戸・開き蓋などの開く建具を支え開閉できるようにする部品である。建築業界では丁番の表記、「ちょうばん」の読み方が主流である。英語のhingeからヒンジの呼称も使用される。 (ウキペディアより)

 

f:id:studioflow:20200521150514p:plain

蝶番

こういう形状の関節を、本当に回していいものか。

解剖学から足関節をみると、内果(脛骨)と外果(腓骨)に挟まれた距骨。

足首は「曲げたり、伸ばしたり」が本来のお仕事と思います。

 

爪先を床に付けて、足首グルグル。

そうして、私がやっておられるお姿に恐怖を感じるのが、足指の間に指を入れて、足首の力を抜いた状態で足首グルグル。

 

ちなみに…私は、自分で自分の身体を痛めることに、とても恐怖を感じます。

 

その足首回し、柔らかい足首を作っているのではなく。

甘い(捻挫しやすい)グラグラする足首を作っているのではないですか?

 

私の思うことまとめ

特に足首の辺りに筋肉は殆ど無い。

あるのは「腱」と「靭帯」

この子たちは、筋肉のように伸びたり縮んだりすることはできません。

一度伸びたら、伸びたままです。

だから「捻挫癖」と、いうものがある。

 

私は、アキレス腱のストレッチはお勧めします。

しかし、足首をグルグル回すのは、関節の形状からみてもおやめになる事をお勧めします。

 

足首を回すか回さないか。

選択はその方次第ですけど…。

 

追記

足指の間に指をいれるということは、指と指の間のスペースを開けるということ。

ですよね?

指と指の間のスペースが開く = 中足骨の間を開くということ

 

骨格標本の足指(中足骨)には、足裏の横アーチを作るためにバネが入れてあります。

f:id:studioflow:20200521231014j:image

これ、横アーチが必要なんだと、骨格標本も教えてくれています。

さて、本当に足指の間隔を開けるべき?

どう思われますか?

 

私はこの寄せてくれる足裏の筋肉「拇趾内転筋」は伸ばすことより「縮めること」(横アーチを作る)ことの方が大切だと思います。

この拇趾内転筋が緩んでしまうと、ベタ足になって靴はワイド幅になってしまいます。

また、足裏の真ん中(第二中足骨底)にタコができちゃいます。

身体についてのお話を始めていきます。

2020年5月17日(日)にホームページを作り直しました。

それを契機に、

・レッスン中に自分が気づいたこと。

・会員様からご質問を受けたこと

を中心に、私が知っている「身体の本当の話」を綴っていきます。

 

20代から30 代の私は自分が頑張って「首」も「肩」も「腰」も、いつも痛かったのです。

痛いのが「普通」だと思っておりました。

ダンスの本番前なんて、身体が痛くないと不安…痛くなるほど練習を頑張っている…と思っていましたから。

痛くないと不安って完全に病んでますね…。

 

40歳を契機にマットピラティスを学び、その後パーソナルトレーナーとして勉強をしてきて、私が経験して正しいと思っていることをこちらにまとめていきます。

私がこちらに書くことは、すべて私自身が経験済みのものです。